沖縄門中大事典 - 那覇出版社

那覇出版社 沖縄門中大事典

Add: abewular88 - Date: 2020-11-23 04:41:11 - Views: 262 - Clicks: 616

古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 検索結果 20 のうち 1-16件 本: 那覇出版社. 殿内; 琉球の位階.

『沖縄県姓氏家系大辞典』(沖縄県姓氏家系大辞典編纂委員会編 角川書店 1992年) 【k288/o52】 『沖縄門中大事典』(宮里朝光監修、那覇出版社編・刊 年) 【k288/mi88】 民俗・文化についての概説と用語解説、資料、索引から成る。付録は官制表、生産. 沖縄門中大事典 書誌情報 責任表示:. 2 沖縄門中大事典 宮里 朝光∥監修 田名 真之∥執筆 那覇出版社.

沖縄門中大事典 - 那覇出版社のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!. 作・絵/照屋唯志 サイズ/b5変形 ページ/32ページ オールカラー 上製本. 『沖縄門中大事典』(那覇出版社 年) 【k288/mi88】 第二編 門中早わかり 第一章 士族早わかり・・・士族、家譜、門中について解説あり 『沖縄近世史の諸相』(田名真之著 ひるぎ社 1992年) 【k205/d35】 第Ⅱ部は家譜についての論文を集めている。. 写真集沖縄 : 失なわれた文化財と風俗. 沖縄門中大事典 那覇出版社. 【tsutaya オンラインショッピング】沖縄門中大事典/那覇出版社 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本.

8 請求記号: gb43-g133 書誌id:書誌情報 追記. 宮里朝光監修、那覇出版社編『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年 isbn関連項目 沖縄門中大事典 - 那覇出版社 編集 ウィキメディア・コモンズには、 大名 に関連するメディアがあります。. 琉球王国; 琉球国王の一覧; 尚氏. 7 K288/MI88 p111 3 日本の民俗 12 南島の暮らし 古家 信平∥ほか著 吉川弘文館. 沖縄門中大事典 宮里朝光 監修,那覇出版社 編. 出版社:那覇出版社 年発行 第2版 サイズ:a4判 函・別冊付録(沖縄家紋集)付き 本体・別冊の見返しに蔵書印有り 全体に経年のヤケ、スレ、イタミ有り 本体天地小口にシミ、ヨゴレ有り 本文読了に問題ありません <内容紹介> 第一編 琉球王国の.

沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』沖縄タイムス社、1983年; 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。isbn。 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、年(平成17年)。 isbn。. 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』下 沖縄タイムス社 1983年(昭和58年) 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。isbn。 脚注. 那覇出版社,ページ 0 レビュー 沖縄本島の士族門中(首里、那覇に居住して、王府の官職を主としていた士族の門中)についての事典。. 沖縄大百科事典刊行事務局編集『沖縄大百科事典』(上)、沖縄タイムス社、1983年。 宮里朝光監修・那覇出版社編『沖縄門中大事典』那覇出版社、年。 関連項目 編集 殿内; 琉球の位階.

7 k288/mi88/沖縄県史料 前近代6 沖縄県立図書館史料編集室∥編 沖縄県教育委員会 1989. 那覇出版社, 1998. ・門中大事典 那覇出版社 ・浦添市史 ・琉球王国の構造 高良倉吉 吉川弘文館 ・琉球の王権と神話 末次智 第一書房 ・沖縄産昆虫目録 ・外国人来琉記 山口栄鉄 編訳解説 琉球新報社 ・沖縄近代詩史研究 仲程昌徳 新泉社. 出版社 発行所 那覇出版社; 解説 第一編 琉球王国の歩み 第二編 門中早わかり 別冊 沖縄家紋集 絶版です。 ケースの状態は並程度です。 見返しに前所有者の名前等のスタンプが押印されています。. 2 K206/O52/1-6 5-12、697-724.

沖縄本島の士族門中(首里、那覇に居住して、王府の官職を主としていた士族の門中)についての事典。別冊付録として. レビューが見つかりませんでした。 他の版 - すべて表示. 琉球の位階 参考文献 沖縄大百科事典刊行事務局『沖縄大百科事典』 沖縄タイムス社 1983年真境名安興「沖縄一千年史」『真境名安興全集』第1巻 琉球新報社 1993年東恩納寛惇『南島風土記』沖縄文化協会・沖縄財団. 門中は、17世紀後半、琉球王府による士族の家譜編纂の開始以降、士族階層を中心に沖縄本島中南部で発達してきた。本島南部では「ハラ」ともいう。琉球王国時代、士族は、門中ごとに共通の姓(カラナー(唐名)の姓)、また大和名の名乗頭(名の最初の一字)を持っていた。例えば、向象賢、羽地按司朝秀の場合、「向」は第二尚氏の按司以下の親族の姓、「朝」は名乗頭である。 門中で共同の墓(門中墓、いわゆる亀甲墓あるいは破風墓)をもち、かつては同一の墓に入った。門中の結束は固く奨学金を出し合ったり、託児所を作ったりもする。女性の側から見れば、女性が門中を継げないなど、現在の一部の視点から見れば、差別的な制度とも考えられる。現在は、門中意識は次第に薄まってきている。. 那覇出版社,. 題名ーーー 沖縄門中大事典 沖縄家紋集 著者 多和田 真重 出版社 那覇出版社 通常の経年劣化ありますが、 読むには不便は無いかと思います! 何か気になる点などがありましたら、 お気軽にお問い合わせ下さい(^^) ※定形外郵送は全国一律の1,040円です。 沖縄門中大事典家紋集多和田真重琉球. Amazonで朝光, 宮里, 那覇出版社の沖縄門中大事典。アマゾンならポイント還元本が多数。朝光, 宮里, 那覇出版社作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

参考文献:沖縄門中大事典 年 那覇出版社/沖縄県姓氏家系大辞典 平成4年 角川書店/士族門中家譜 年 球陽出版/新琉球王統史(5)尚円王・尚真王 年 新星出版/具志頭村史第二巻通史編 平成3年 暁印刷/角川日本地名大辞典47沖縄県 昭和61年 角川書店. See full list on wpedia. 那覇出版社編 ; 宮里朝光監修.

門中(もんちゅう、琉球語:ムンチュー)は、沖縄県における、始祖を同じくする父系の血縁集団のことである。 門中は、17世紀後半以降、士族の家譜編纂を機に沖縄本島中南部を中心に発達し、のちには本島北部や離島にも拡がった。. 沖縄大百科事典刊行事務局編集『沖縄大百科事典』(上)、沖縄タイムス社、1983年。 宮里朝光監修・那覇出版社編『沖縄門中大事典』那覇出版社、年。 関連項目. 琉球国王(りゅうきゅうこくおう)は、1872年(清: 同治11年、日本: 明治5年)まで沖縄県に存在した琉球王国の君主及びその外交称号であり、明及び清に貿易上の理由から朝貢した際に授けられた封号もそれに含まれる。. 那覇出版社 出版年月日: 1998. 著者 那覇出版社 (編). 主な検索結果をスキップする Amazonプライム. 沖縄門中大事典 - 那覇出版社 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 高橋 恵子(著) 発行:那覇出版社 縦190mm 263ページ 価格情報なし ISBN初版年月日年12月 登録日年10月18日 最終更新日年10月18日 コピー:沖縄門中大事典/沖縄家紋集.

尊称としては、御殿は主に話し言葉で王子・按司を指す意味で用いられた。日本で天皇を禁裏、御門(みかど)など住居に関連した語で呼んだのと同様、位階名を直接名指しするのをはばかって用いられたと考えられる。ほかに王妃、王夫人、王世子、王子. 那覇出版社 1984. オキナワ モンチュウ ダイジテン. 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。isbn。 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。 isbn。 関連項目.

沖縄門中大事典 - 那覇出版社

email: domywod@gmail.com - phone:(343) 459-4655 x 9685

闇の蛟竜 - 津本陽 - ピンクレースな彼 南かずか

-> 小さき町にて - フィリップ
-> わんにゃんひーりんぐ - やわやままこと

沖縄門中大事典 - 那覇出版社 - 近代真宗教学往生論の真髄 鍵主良敬


Sitemap 1

心理学を学ぶ - 神谷育司 - ハーフボイルドストーリー 三ツ矢雄二